« 2008年4月 | トップページ

2008年5月

兄 秋山 好古

久しぶりに書くことになりました。なかなか書き込む内容が決まらなかったのですが、秋山真之の兄の好古について書いてみようと思いました。

兄の好古は、日本陸軍の騎兵の生みの親として有名である。 happy02

また彼は、真之が生まれたころ養子に出されそうになったのを救い、自分が一生懸命働き、親に代わって養っていったので真之は好古に生涯頭が上がらなかったといわれている。 thunder

好古は私はかなりの名将でありそして名参謀であったと思う。それは彼が参謀を持たずに自分ですべて作戦を立てたことや、騎兵に機関銃と有線電話を持たせ日本騎兵の欠点(ロシアにくらべて馬が貧弱)を補い最強といわれたロシアコサック騎兵に対抗し負けなかったところである。 scissors

また、騎兵の機動性を生かした後方かく乱戦術を参謀本部に上申そして実行により、ロシアのクロパトキン大将を後方へ退却させて日本の勝利の手助けを行っている点である。shine

ただ彼の不運は、日本陸軍が騎兵についての知識がなくまた軽んじていたため彼の功績をあまり重視しなかったため昇進なども遅かった。 weep

よろしければ

いろいろなコメント(くだらないでも投稿者の主張でも)書いてください。またコメントを書かれた方はご自身のサイトのご記入も忘れずにお願いします。そこでの皆様のつながりができますように

| | コメント (11) | トラックバック (0)

« 2008年4月 | トップページ